ドールショウと横浜旅行の思い出

喉を鳴らす鈴の涼のの日記
喉を鳴らす鈴の涼のの

7月1日に横浜で開催された「ドールショウ横濱2」へ遊びに行ってきました。

ずっと楽しみすぎて、勢い余ってお友だち一同と5月末頃にはお宿の予約をとって、横浜観光も兼ねた一泊二日のお泊まり企画となりまして。

 

まずは6月30日の土曜の朝に鹿の子さんと横浜で集合。

夕方には幼馴染のNちゃん(鬼道さん推し)も合流。そして日曜、イベント会場前でぶなさんも一緒に。4人でドルショへ遊びに行きました。

鹿の子さん、Nちゃん、ぶなさん、いつもありがとう。

 

小指を立てて猫の手て

小指を立てて猫の手て

 

大好きなディーラーさま、Ange Roseさま作のドレスとカチューシャです。

ネイビーの毛並みが黒猫っぽい雰囲気で、また新しい表情を見ることができて嬉しい幸せ。

ミャオミャオがぜさま、声変わりのない声で鳴く。

 

ねこの伸び

ねこの伸び

 

黒猫ガゼル様、いたずらがぜねこにゃん。

まばたきパチパチだけでもうなぐはる困っちゃうのわかる。もう。

 

はるやが好きそうな顔のつくり

はるやが好きそうな顔のつくり

 

ドルショ会場にて、靴職人のkioさまのSDGrヒール靴のオーダーをお願いすることができたことも今回の横浜の嬉しい思い出になりました。

いつかSDGrのヒール脚用のお靴デザインもとお話しされていて、ずっと楽しみにしていた念願のお靴です。

 

靴職人kioさま作のドールシューズ「Psyche」
...

 

身体のつくりがヒールの靴しか履けないガゼル様(SDGr夢天使)

青い革に青いリボン、がぜさまの青いお靴。

ひとたびお靴に足を通せば、グラウンドに立つ姿もキャットウォーク・ショーのはじまりかと。

 

リボン刺繍のお花が咲く襟

リボン刺繍のお花が咲く襟

 

生地に描かれるライラックの花園から溢れた花が襟にも咲いて。

蕾のように丸く膨らむ袖、白いデコルテと袖口のレースは花開くかたち。

フロントのリボンは花束を結び、フレアの縁のリボンとレースは陽光に透ける草花の色の層を重ねるグラデーション。

 

ガゼル様の大切なドレスが一着増えました。末永く大切に、愛用します。

 

裾に向かうリボンの色が空の色を映すグラデーションのように

裾に向かうリボンの色が空の色を映すグラデーションのように

 

横浜旅行からの帰路につき、さっそくドレスとカチューシャを開封しました。

じっくりと、細部すみずみに心が込められた作品を鑑賞する幸せなひととき。作家さまのこだわりを感じます。愛です。しみじみ。

こうしてガゼル様に着せてあげることができて幸せです。イベントの余韻も胸いっぱいに、嬉しい気持ちで感無量です。ありがとうございます。

 

白い蝶々のレースに映えるデコルテ、一輪の花のチョーカー

白い蝶々のレースに映えるデコルテ、一輪の花のチョーカー

 

白い蝶々のレースに映えるデコルテ、一輪の花のチョーカー。

 

ドルショの入場整理券くじ引きを終えたあとの列整理の時間までの間、会場入り口の目の前にあったドトールで、みんなで過ごしていたのも思い出深いです。

日陰のテラス席で、風が心地良かった。

そこから少し遠くに横浜の海が見えて、なんだかすごく旅っぽいねなんて話しながら。

横浜旅気分を堪能したひととき。

 

Petit Studio Sora 撮影会
...

 

くじ引きでまさかのありがたい幸運に恵まれ、ぶなさん、鹿の子さん、三人でお揃いでこのドレスとご縁がありました。

お互いの幸運に感謝し、喜びを分かち合う。横浜に来てよかったね、話のノリと勢いで決めた前泊横浜企画最高だったねと、お揃いで撮影会しようねと、すごくすごく嬉しい。最高の夏の思い出。

このドレスもまた思い入れが深い大切な一着です。

 

お月さまが眩しい夜空の雲は深い青

お月さまが眩しい夜空の雲は深い青

 

夜空色のネイビーモヘアに、月明かりに照らされる雲のように流れるリボン。

三日月のモチーフがお気に入りです。細やかなビジューは星々の瞬き。

こつこつ、イベントごとの思い出とともに大切なコレクションのカチューシャ。

 

ふわり重なる生地の内には黒のボトム

ふわり重なる生地の内には黒のボトム

 

横浜旅行1日目は、鹿の子さんと9時頃に集合してまずは横浜駅近くのスタバへ。

ちょうどこの6月30日は夏の仙台ドルパのXpass販売日でした。というわけで、wi-fiに繋がるスタバで待機してポチポチからはじまる旅。

 

ホテルに荷物を預けて、元町の辺りを歩いて回って、辿り着いたアンティークショップがとても印象的でした。

三階建てのお店は時を経た家具、調度品、アクセサリーたちで埋め尽くされ。部屋ごとにテイストが異なり、一歩一歩進むたびにこのまま別の世界へ迷い込んでしまいそうな不思議な感覚に。

 

旅の思い出の一枚

旅の思い出の一枚

 

気の向くままに歩き回ったので、翌日のイベントに備えてマッサージにも行って身を労わりつつ。

そして、夕方にNちゃんと合流したあと、最高に楽しいお寿司会もあり。さらに夜は寝るまでワールドカップ応援。

 

そして翌日、ドルショのあと、4人で赤レンガでのランチも最高でした。みんなでお互いの幸運を祝福しあって。我々のワールドカップは横浜開催だった。

鹿の子さん、Nちゃん、ぶなさん、いつもありがとう。みんなお互いおめでとう。

 

ドールショウ会場でお目にかかれた皆さま、おかげさまで思い出づくしの横浜旅行となりました。感動と、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

またどこかでお会いできたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました