桜吹雪の雪景色

桜の花一枚、鱗一枚天使の窓
桜の花一枚、鱗一枚

大阪旅行の切符を受け取りに東京駅へお出かけして、そのまま天使の窓へ寄り道に。

窓の撮影スペースに桜が満開。

お花見気分で写真を撮って遊んできました。春を告げるさくらもちさま。

 

鱗を晴矢が拾ってしまったがゆえに

鱗を晴矢が拾ってしまったがゆえに

 

ガゼル様の足跡には鱗が落ちてそう。

羽はないけれど、鱗粉のような何かが。

その靴が残す形跡と光る鱗のかけらとで、この足跡の主を悟られるんだろうな。それは何処であっても、森の中でも、街でも、フィールドでも。

本人自身はそういうの知らないんだろうな。つゆ知らず。

 

陽光に透けるような淡い色味で、満開の花はもこもこふわふわ泡のように柔らかで、触れると融けてしまいそうで。

桜の花は、春に見る雪なのかもしれない。

つまり、ガゼル様は桜なのかもしれない。

 

桜の中から見ている眼

桜の中から見ている眼

 

春に何を想うのか。

「たけのこ食べたい」とか。

春に芽吹くものを召し上がって、栄養をつけて、咲く。四季折々の旬のものを。

 

よく食べ、よく寝て、よく遊ぶ。晴矢の部屋に根をはって。

 

蝶よ花よ

蝶よ花よ

 

氷雪の桜の妖精は桜吹雪の中に佇む。

ちらちらと舞う桜の花びらは淡い白にきらきらと色を映して、それこそまるでダイヤモンドダストのような瞬き、森の奥底で見た景色を思い出させる。

 

「それはもう覚えてないよ」って、それだけは覚えてそうな顔で。

 

桜風味の和菓子の面影

桜風味の和菓子の面影

 

桜の花とともにまた来年、なんて顔をして。

次の日もあいかわらずのおすまし顔で隣の席に座ってる。

 

桜の先に何を見る(というような表情でたぶん何も考えていない)

 

小さなあくびを春風に隠して

小さなあくびを春風に隠して

 

桜色のカチューシャと桜色のチョーカー。それにパンジーの花柄ドレスで。この組み合わせが春らしくてお気に入りです。

春爛漫、咲いていらっしゃる。ガゼル様がいるその場所そのものが花畑だった。

 

あまりにもガゼル様が桜の面影を見せるので、窓で遊んだあと、ドトールの桜ラテを味わいました。代々木のほうを散歩して、新宿でお使いの買いものをして。

桜の余韻を胸いっぱいに浮かれ気分の帰り道。

 

にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
Author
F

2013年夏に人生初のスーパードルフィーとしてフルチョイスモデルさんを天使の窓にてお迎えしたことでお人形さんとの暮らしがはじまり、2021年と2022年の天使の里クリスマスフェアにてPSビスクモデルの夢天使霞さんと夢天使眠霞さん(Romantic Glance Ver.)をお迎えしました。

天使の窓
sgzg.blue
タイトルとURLをコピーしました